建設工事追い込み期

建設業の労働災害は、例年追い込み期にあたる10月から12月に多発する傾向にあり、同時期の過去5年間の死傷者数を都道府県別で比較すると、北海道が突出しています。

北海道は、11月に入ると日照時間も短くなり、気温が急激に下がり最低気温がマイナスという日も珍しくない状況になってきます。

そんな中での作業は手足もかじかみ、身体も強張り大変なものとなります。防寒着を着込むので動きも制限されてきます。

また寒さからか、集中力の低下もみられヒューマンエラーによる労働災害が起きやすい状況になります。

こうしたことを踏まえ、当社では毎月の職長会議にて工程の調整、ヒヤリ・ハットの報告や周知を行い危険の芽を事前に無くす為の活動をしております。

今年もあと2ヶ月をきりました!

「無事故・無災害」「安全第一」を念頭に㈱FUJISAWAはこれからも邁進してまいります!!

☆☆2021Gallery更新致しました☆☆


最新News一覧

  • 定期健康診断実施中
    当社の産業医であります医療法人社団恵庭南病院にて、定期健康診断を実施しております […]
  • 第二回合同安全大会
    恵庭商工会議所建設業部会様主催の「第二回合同安全大会」に出席させていただきました […]
  • 春到来
    当社では今月、現場作業の隙間をぬって健康診断や安全大会の実施、書類関係のデータ整 […]
  • SDGs宣言
    (株)FUJISAWA SDGs宣言を策定いたしました。 弊社が取引しております […]
  • 新年のご挨拶
    本年も、社員一同、これまで以上にお客様から信頼され、お客様のニーズにお応えできる […]